年末調整に引き続き、顧問先の法人決算や相続のお手伝いなどで、約3ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。

【 確定申告の初日の「東京郊外の税務署」の朝の様子 】

今日から確定申告が本格的に開始!

今年の確定申告の申告期間は、令和2年2月17日〜3月16日とされているので、今日2月17日(月)が「確定申告期間の初日」ということになります。

しかし、還付の方の確定申告は、年始の1月6日から受付けています。

さらに、確定申告に慣れた方は、「申告期間が始まる前の2月上旬でも提出できること」「税務署がとてもすいていること」をよくご存知のご様子です。

確定申告と税理士事務所

我々税理士業界は、まさに繁忙期!とよく言われますが、実は税理士によって様々です。

個人の確定申告は一切しないという最大手の事務所もありますし、若手の開業税理士(ちなみに40代)や、働き方改革を推し進めているクリーンな(?)中堅の事務所では、社員にストレスのかかる繁忙期を作らない!という理由で、積極的には、新たな確定申告の依頼を引き受けていないという話も、聞きます。

仕事のストレスは?(余談)

私はというと、
まさに「昔ながらの税理士」丸出しで、1月中旬から『まさに繁忙期』で、丁度今日が折り返し地点です。
(私の場合は、この2か月は「個人の方の仕事」。残りのほぼ10ヶ月は「法人の方の仕事」です)

ただし、私の場合には、確定申告ストレスと呼ばれるものは、ほぼありません。(少し脚色・・・)

この時期は、普段は知り合うことの少ない「お勤めの方」や「海外に住んでいる方」とお話をして、お手伝いすることに、大げさにいうと『喜び』さえ感じています。
(周りの税理士仲間には、この気持ちは、ほとんど理解してもらえませんが・・・)

『喜び』だけではありません。

  • 『依頼していた前の税理士の話が、専門用語ばかりでよくわからない!』
  • 『上から目線で、話をされ気分が悪かった!』
  • 『選択ができる計算が、いくつかかる場合には、事前に説明や承諾が欲しかった!』
  • 『電子申告だからという理由で、事前の説明を一切しないで、勝手に申告を済まされた!』など

同じ同業者のこととはいえ、サービス業として『大切なこと』を、忌憚なく直接聞かせて頂ける数少ない機会であるのは、確かです。

それが、自分の仕事の『改善』のキッカケにもなっています。

この時期によく聞かれる質問と告白

最後によく周りの税理士や、依頼される方から、時々聞かれるので、この場で3つほど告白しておきます。

(質問)毎年何人分の確定申告をするの?
今年は、現時点で46人の依頼があります。(税理士の中でも、多いほうだと思っています)

ちなみに、昨日現在で、22名の方の確定申告は終わりました(進捗度約50%です)

(質問)相当儲かっているでしょ?
赤字にはなっていません。(一人税理士なので、当たり前ですが・・・)

ただ、税理士法人の勤務時代からの料金を、約25年間ずっと値上げせずにやっているので、そろそろ限界が来ているのは事実です。

(質問)この時期は、盛永さんは、どれくらい働いているの?
1月中旬から今日まで、1日だけ休みました。

それは、先々週の土曜日(2/8)に、ほぼ趣味と化した「ペットの飼い犬2匹のシャンプーとカット」のため、1日だけ休みました。

朝は「通勤ラッシュが終わる頃」に出勤し、「帰宅ラッシュが終わる頃」に、毎日帰宅しています。

決して、イヤイヤ働いてはいないことだけは、お伝えしておきます。

では、久々の投稿は、このへんで。

編集後記

昨年のこの時期に新たに確定申告の依頼を受けた方のうち、今年も確定申告が必要な方(10名)の全員が、今年もご依頼頂きました。(至高の喜びです。感謝です。)

投稿者プロフィール

盛永 崇也
盛永 崇也
東京神田で税理士・行政書士として中小企業の方やフリーランスの方などに「各種税金の申告業務」のほか「税務相談」「開業支援」「会計ソフト指導」「WEB関連支援」などの仕事をしています。『役に立つ税金情報』を中心に『日々の仕事上で気になったこと』など「お金にまつわる情報」を中心に執筆しております。