現サーバーでのサイトリニューアルを進めていましたが、それに伴いサイトの独自SSL化をしたいと思っておりました。
 
自分自身も近年サイト検索中にブラウザによっては「SSL非対応サイトの危険メッセージ忠告や非表示」になるケースが増えつつあり、その際にとてもイライラする原因になっておりました。
よって事務所公式サイトはそろそろSSL化しないといけない時代かな?と思うに至ったからです。
 
ちなみにSSLとは、Secure Socket Layerの略で、米Netscape社が開発したインターネット上で情報を暗号化し、送受信できるプロトコルです。
サーバ⇔クライアントPC間でクレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできる通信技術の事をいい、下記のような違いがあります。

その暗号化されたサイトのアドレスは、https://○○.jp/  と「S」がつきます。

今までの未暗号化のサイトアドレスは、http://○○.jp/

SSLは、「共用SSL」と「独自SSL」とがあり、サイトの運営者がそのドメインについてSSL化をする場合には、そのレンタルサーバーによって提供していなかったり、独自 SSL」も認証組織により大きく料金などが異なっております。
そこで、当事務所のドメインサーバーを無料独自SSLがある「エックスサーバー」に移転する事としました。
けれども、サーバー移転とは結構大変なもの・・・
webデーターの移転はFTPソフトであっという間ですが、何しろメールサーバーの移転は結構大変
全メールアドレスの全メールデータをパスワードと共に念のためバックアップをとり、新サーバーで全メールアドレスを新規作成しメール参照する機械のPOP設定・SMTP設定やらでほぼ半日の作業となりました。(電話のならない休業日の12/2(土)に実施しまして無事に完了)
 
サーバー移転は何度も経験済みなのでトラブルはありませんでしたが、やはり複数のドメインを管理するのは一つのサーバーで一括して行いたいのが管理者としては当然な話。
今回は当事務所の公式ドメインのみの引越しであったため、顧問先様から委託されている4社の顧問先様のドメインは前のサーバーに「おいてきぼり」
こちらの引越し作業は、メールアドレスの利用者数を考えるとかなりの案内作業工数が…
 
特に現状では必要性は生じていないし、旧サーバーも独自SSL対応がしていなかっただけで決して問題はないので、顧問先様のwebサイトの大幅リニューアルの際にでもエックスサーバーに少しずつ引越しかなと思っています。
(最初のサーバー選びは、アフィリエイトの方など管理するドメインが多い人ほど結構大事なのを実感しました)

投稿者プロフィール

盛永崇也
盛永崇也
東京神田で税理士・行政書士として中小企業の方やフリーランスの方などに対して税金申告業務のほか税務相談・開業支援・会計ソフト指導・WEB関連支援などの仕事をしています。『役に立つ税金情報』を中心に『日々の仕事上で気になったこと』『これは便利だなと思ったこと』などを執筆しております。